スポンサードリンク

 

ws341

ws379

 

誰でも基本無料・低コストでおしゃれなホームページが作れることで話題となっている、WIX。

ビジネスなどでホームページが不可欠なこの時代に、無料でスタイリッシュなホームページが作成できるとは非常に画期的なサービスですよね。

今日はそんなWIXについていくつかお話してみようと思います。

 

簡単!WIXの使い方を覚えよう!

さて、まずはそのWIXの使い方からお話していきましょう。

手順としては以下のように、たったの5ステップです。

 

①会員登録…WIXのホームページにて、Eメールアドレスとパスワードを登録するだけ。なお、登録したメールアドレスのローカルパート(@より前の部分。)がホームページアドレスに組み込まれます。

 

②作成するホームページのカテゴリを選択…ビジネスや写真、音楽など12個のカテゴリが用意されています。この中からご意向に沿ったカテゴリを選びましょう(後で変更することも可能です。)

 

➂テンプレートを選択…選んだカテゴリに沿ったテンプレートが表示されますので、気に入ったものを選び、編集を押します。

 

④編集…選択したテンプレートをお好みに合わせてカスタマイズしていきます。テキストや画像の追加はもちろん、背景の変更、アニメーション効果の付加、オンライン予約機能の追加など細かく編集することができます。

 

⑤保存・公開…編集が完了しましたら、保存をして公開を押せばオンライン上にあなたの作ったホームページが公開されます!

 

これだけでおしゃれなホームページが簡単に作れちゃいます。

こだわり度にもよりますが、2時間ほどで完成してしまいます。

ビジネスにおいて、ホームページ作成はササッと済ませて本業に集中したいもの。


スポンサードリンク

ぜひ、WIXを使って無料で簡単に作ってしまいましょう。

 

どこまでが無料?

さて、ここで気になるのがどこまで無料なのか、という点です。

ちなみに無料版だからと言って、ホームページの作成・公開が一部制限されるというようなことはありません。

ホームページは完全無料でいくつでも作成・公開できますのでご安心を^^

 

 

ただ、無料版は、WIX広告の表示がされるのと、ストレージ(画像などをサーバーに保存できる容量)、バンドウィズ(複数の訪問者が同時に閲覧できる総データ量)がそれぞれ500MBまでに限定されています。

ですから、目的・用途によってストレージやバンドウィズを増やしたり、ネットショップ機能を追加したい時は有料版へのアップグレードが必要になります。

 

例えばコーポーレートサイト(企業が運営する自社のホームページ)をWIXで作成した場合では、

多くの画像や動画・音声ファイルがアップロードされたりするため、有料版にしてストレージを大幅に増やしています。

 

他にもショッピングサイトやECサイトをWIXで運営する場合には、ショッピングカートやフォトギャラリーなどのネットショップ機能が不可欠となるため、有料版にしてそれを追加したりといったケースもあります。

 

このように、無料でもホームページ作成自体に支障が出ることはありません。

ただ、ご自身の目的・用途次第で、限界が見えてきたら有料版へのアップグレードが必要となるといった認識を持っておくと良いでしょう。

 

 

 

Jimdoとの違いは?

WIXと同様に、基本無料でホームページを作成できるサービスとして、Jimdoというものがあります。

しばしば比較される両者ですが、ここではデザイン・機能・使いやすさの側面から比較してみたいと思います。

 

デザイン

デザインでは「凝っているなあ」と感じさせられるという点では俄然WIXですね。

jimdoは以下のようなシンプルなデザインのものが殆どです。

 

WS000279

 

 

一方で、WIXはというと…

 

WS000280

 

うーん…やはりWIXの方が凝ってますね。

しかもテンプレートの数がWIXは圧倒的なんです。jimdoは16なのに対し、WIXは300超と圧倒的。

デザイン性とその選択肢の多さを鑑みても、やはりWIXのほうがデザインに関しては優れているといえます。

 

機能

追加できる機能でもWIXは圧倒的に数で優っています。

Jimdoは、これまたシンプルにまとめられていて、必要最低限の機能に特化している印象ですが、WIXはアニメーションを付加出来たり、ニュースレターの配布、チャット機能など、実に多様な機能が追加できますので、自由度が高いです。

この点でもWIXが優位に立っているといえます。

 

使いやすさ

最後に使いやすさから比較します。

上述のとおり、WIXはデザインも追加できる機能も豊富で、自由度が大変高いです。しかしそれがゆえの難しさもあります。

一方でJimdoはすべてがシンプルにまとまっていますので、機能が限定的ながら簡単であると捉えることもできます。

よって、高い技術をお持ちの方や、こだわりが強い方はWIXが適しているでしょうし、初心者の方や必要最低限の機能さえあれば良いという方にはJimdoが適しているといえます。

つまり、使いやすさは作成する方のニーズによって変わってくるといえます。

 

まとめ

WIXについて、ここまでお話してきました。

スタイリッシュなホームページを完全無料で好きなだけ作成できる、このWIX。

その高いデザイン性と豊富な機能を考えると、使わないのはもったいない魅力的なサービスです。

ぜひこの機会に利用してみては?

 

 

 

ws641

 

 

 

WIXはこちらから⇒http://ja.wix.com/

コメント1件

  • 三浦栄一 | 2017.02.13 18:49

    無料の広告を出したいのですが?

コメントを書く







コメント内容


商品一覧