スポンサードリンク

 

私たちの消費生活の中心的存在ともいえる、イトーヨーカドー。

そんなイトーヨカドーもネット化が急速に進行する現代に伴い、サービスのネット化が進んでいます。

今回はイトーヨーカドーの新たな魅力ともいえる、ネットサービスをいくつかご紹介していきたいと思います。

 

実店舗も顔負けのネットスーパー

まずご紹介したいのがイトーヨーカドーネットスーパーです。

日常のお買い物がネットで済ませられてしまうというだけでなく、実店舗も顔負けな魅力が満載です。

 

豊富な品揃え

3万点にも及ぶ商品ラインナップで、実店舗に全く引けをとらない品揃えです。

同業他社のイオンなどもネットスーパーのサービスを展開していますが、5000~6000点の品揃え。

いかにイトーヨーカドーのネットスーパーが充実しているかが分かりますね。

必ずお探しのものが見つかるはずです^^

 

無料お魚調理サービス

イトーヨーカドーネットスーパーならではの魅力が無料お魚調理サービス。

二枚おろしや切り身、皮むきなど、多彩かつ柔軟に対応しています。

 

WS000275

 

注文の際、メモ欄に「三枚おろしにしてください。」「開きにしてください」等の記入をすれば、無料調理サービスの利用が可能です。


スポンサードリンク

お忙しい方や、お魚をさばくのが苦手な方にはとても助かるサービスです^^

 

「子育て応援キャンペーン」で送料がお得

交付日から4年以内の母子手帳を提示すれば、4年間送料が\100になります。

子育てに奮闘するお母さんたちの強い味方ですね^^

 

他にはない、イトーヨーカドーネットスーパーならではの魅力が満載です!

ただ、以下のような注意点もあります。

・送料がエリア、担当店舗によって異なる

・九州、沖縄エリアはサービス対象外

 

お住まいの地域及び担当店舗の送料を予め確認しておきましょう。

いつどこでも実店舗同様のお買い物ができるイトーヨーカドーのネットスーパー。

わざわざ出向いて重い荷物を持ち帰る必要もありません。

おおいにオススメしたいサービスです!!

 

チラシもネットで有効活用しよう♪

イトーヨーカドーは「イトーヨーカドーチラシアプリ」をリリースし、チラシのネット化も進めています。

チラシといえば、新聞等と一緒に入っている折り込みチラシの印象が強いですよね。

ですが捨てるのが面倒なことから、その存在は煙たがられたり、スルーされがちでもあります。(笑)

イトーヨーカドーチラシアプリを通して、折り込みチラシは私たち消費者にきちんと価値をもたらしてくれる存在へと生まれ変わりました。

折り込み前日19時から閲覧可能

ネット化により、大幅に早く閲覧できるようになりました。

いつどこにいても、お手持ちのスマホで折り込み前日の19時には閲覧できますので、翌日のお得な情報をきちんと把握できます!

せっかく買い物に行くなら、お得にしたいもの。そしてそれを知れるのはチラシです。

イトーヨーカドーチラシアプリならば、スマホで簡単に、そして大幅にフライングをしてチラシが見れます。

前日にお得情報を確認して、「明日買い物に行って、これを買っておこう」といった具合にプランニングが可能になりますよ^^

 

チラシ閲覧・来店でポイントが貯まる

イトーヨーカドーチラシアプリはチラシ閲覧・来店でポイントを貯めていくことができます。

チラシ閲覧で1日1回、1ポイントが、来店ポイントは1日5回、最大5ポイント貯まります。

これを500ポイント貯めると、100nanacoポイントへ交換することができます。

チラシのお得な情報に、お得にアプローチできるようになったのは嬉しいですね^^

 

チラシの情報はネットスーパーにも適用

ネットスーパーにもチラシの情報は適用されます。

よって、チラシを見て買い物に行くという、買い物の一連の流れをすべてネットで済ませることが可能です!!

来店ポイントは獲得できないものの、せっかく知れたお得な情報をいち早く有効活用できる魅力的なサービスと言えます。

 

このように、今までは見るのも捨てるのも億劫だったチラシが、捨てる必要がなくなったうえに見るだけでもポイントという形で価値が得られるようになったという点で非常に画期的なサービスです。

500ポイントはだいぶ時間がかかりますが…お得な情報に今までよりも積極的に、そして簡単に、早くアプローチできる魅力的なサービスです。

ぜひ一度お試しを^^

 

ネット化とは裏腹に実店舗の閉店が進む…

ネットスーパーにチラシアプリのリリースと、実店舗の魅力そのままにネット化が進むイトーヨカドー。

しかしその一方で加速しているのが、実店舗の閉店です。

ネットスーパーの売り上げが好調なのもあってか、赤字計上の実店舗が少なくないようですね。

事実、昨年末に16店舗、今年度も早々に3店舗の閉店が決まっています。

ネットスーパー等は非常に便利ですが、店舗で買う習慣が定着している方やイトーヨーカドー内のフードコートやカフェなどを愛用されている方には酷です…

お近くの店舗が閉店してしまった場合に備え、イトーヨーカドーネットスーパーのご利用や他のスーパーのリサーチを少しづつ進めていくことをおすすめします。

 

まとめ

このように、順調なネット化と実店舗の閉店の加速が同時に進むイトーヨーカドー。

実店舗よりもネットでの販売に重点を置くという、スーパーにおける新たなトレンドとなっていくかもしれません。

愛着がある実店舗が閉店するのは悲しいですが、ネットスーパー等はそれに劣らない大きな魅力を持っています。

ぜひイトーヨーカドーのネットサービスをこの機にお試しいただければと思います。

 

イトーヨーカドーネットスーパーはこちら⇒https://www.iy-net.jp/

コメントを書く







コメント内容


商品一覧