スポンサードリンク

 

 

973f8279e9b6cd1465821039c3d003a1_s

 

 

数多のクレジットカードが展開されている現代。

その使い方だけでなく、選ぶにあたっても難しさが増していますね。

そんなクレジットカード選びにおいて、今回はイオンカードを選ぶとどんなメリットがあるのかを検証しつつ、ヒントを探っていきたいと思います。

 

お得なキャンペーンが盛りだくさん

イオンカードは会員向けのお得なキャンペーンを、常にと言って良いほど催しています。

現在行われているものをいくつかご紹介すると、

 

・Apple Payイオンカードご利用キャンペーン

イオンカード、もしくはイオンJMBカードを登録したApple Payで\1500(税込)以上利用すると、抽選で300名に30,000ときめきポイント(\30,000相当)が当たるというもの。(イオンJMBカードなら15,000マイル)

期間は2/20まで。

 

・『イオンウォレットアプリ』ダウンロードキャンペーン

利用明細やポイント照会ができる『イオンウォレット』をダウンロード、初めてのログインで、10人に1人が2,000ときめきポイント(\2,000相当)が当たるというもの。

期間は3/20まで。

 

このように、抽選ではありますが、数多くのキャンペーンを開催しています。

抽選というのがネックですが、その分キャンペーンの数も多いので当選確率が上がるという捉え方もできます。

もらえるポイントの額も大きいので、一つでも当たれば実質大きな額のキャッシュバックとなるので魅力的です。

 

使う日とお店を決めればいつも2倍還元!ときめきポイント

イオンカードが展開するポイントサービスが『ときめきポイント』です。

還元率は0.5%、つまり\200利用につき1ポイント貯まるという計算ですね。

これは他社と比べても、決して高い還元率とは言えません。

しかし、こちらもキャンペーンが多く、倍もしくはそれ以上の還元を受けられるチャンスが多い点に魅力があります。

毎月10日はWポイントデーで、2倍のポイントが貯まりますし、

毎月5の付く日にイオン系列の店舗(イオン・イオンモール・マックスバリュー・ビブレ・ミニストップなど)を使えば2倍のポイントが貯まるわくわくデーというのもあります。

さらに通信販売をよく使われる方は、ときめきポイントTOWNというサービスを使うと一層お得です。

このサービスを経由してAmazonやZOZOTOWNなどでお買い物をすれば、ポイント還元率は最大21倍(店舗によって異なる)にもなります。

 

 

このように、イオンカードはポイント還元率自体は決して高くありませんが、使い方次第では常に倍もしくはそれ以上の還元率でポイントを稼ぐことができます。

イオンユーザーや通信販売をよくご利用の方はそのチャンスがより拡大するので、特におすすめです。

 

公共料金や家賃の支払いに設定して、生活費からもお得を!

イオンカードは公共料金や家賃の支払いにも設定できます。

光熱費や水道代、電話代、そして家賃など、毎月支払う生活費はなんだかんだ結構かかってしまいますよね。。

それならば少しでもお得をして、実質的なコストカットを図りたいもの。

イオンカードを支払い先とすれば、毎月の生活費÷200のポイントが稼げます。

例えば、毎月生活費として9万円かかっているとすれば毎月450ポイント、年間で5400ポイントにもなります。

さらに食料品や日常品の買い物は上記のわくわくデーにイオン等ですれば、2倍還元も得られます。

これが有る無しではだいぶ変わってきますよね…

このように、生活のコストをポイント還元で大きく削ってくれる点にイオンカードは強みを発揮します。

 

デメリットも…

とはいえ、良いことばかりではなくデメリットももちろんあります。

純粋なポイント還元率は低い

上述しましたが、0.5%(\200利用につき1ポイント)というのは業界水準で見るとやはり低めです。

倍の還元率が適用されるチャンスが多いとはいえ、ポイント還元率を最優先されるという方にはちょっと物足りなさがあるかもしれません。

 

イオンユーザでない人には恩恵が少ない

イオンユーザでない場合、わくわくデーは特に意味を成しません。

これはつまり、ポイント還元率が倍になるチャンスが大いに減ることを意味します。

この点、やはり恩恵はイオンユーザーに偏っているといも言えます。

 

まとめ

以上、イオンカードを選ぶと受けられるメリットを検証してまいりました。

イオンカードの場合はキャンペーン、使い方次第でポイントをたくさん稼げるというメリットがありました。

一方でポイント還元率の低さなどのデメリットも。

カード選びにおいて、どちらも大きな判断基準となり得ますので、参考にしていただけたらと思います。

 

イオンカードはこちらから⇒http://www.aeon.co.jp/creditcard/

 

商品一覧

商品詳細