スポンサードリンク

 

通勤や通学など、日々の移動に欠かせないJR東日本。

それにあたって、JR東日本の発車時刻や運行状況など、皆さんはどうやってチェックしていますか?

恐らくYahoo!の乗換案内など、外部のサービスを利用してチェックされている方が多いかと思います。

ですが、実はJR東日本のホームページでこれらを調べることが可能なんです。

そしてそこにはJR東日本ならではのメリットが凝縮されています。

JR東日本が提供する、時刻表・運行状況・路線図の3つのサービスをご紹介したいと思います。

 

時刻表

まずご紹介したいのが時刻表のサービスです。

あえてJR東日本のホームページで時刻表を見るメリットをご紹介したいと思います。

 

メリット①:正確な発車時刻を把握できる

Yahoo!乗換案内等で発車時刻は検索できますが、時刻表は随時改定がされますので、反映されていないことが時折あります。

JR東日本は時刻表の改定元なので、常に正確な発車時刻を知ることができます。

 

メリット②:停車駅や各駅の発車時刻なども見れる

 

まず時刻表ですが、以下のように表示されます。

 

WS000236

 

快速や急行は色違いで書かれていて見やすいですね。

さらに該当の時刻をクリックすると、停車駅や各駅の発車時刻なども見ることができます。

 

WS000237

 

メリット➂:駅に関する様々な情報が見れる

 

WS000233

 

 

時刻表だけでなく、駅情報や構内図、周辺地図も見れるのが嬉しいです。

初めて行く駅の場合、その駅構内や周辺に何があるか把握できると助かるもの。

構内図と周辺地図を見れば一発でわかります。

 

WS000238

 

複雑な東京駅構内も丸ごと描き切っています!出る改札口はどこにあるかなど事前に把握できていると、時間のロスを回避できます。

 

WS000239

 

周辺情報も丸わかりですね!!営業先に行くまでの時間を過ごす場所も予め考えることができます。

 

このように、正確な発車時刻のみならず、停車駅・発車時刻や駅周辺情報など、付加価値も多く提供してくれるとても便利な機能です。

 

運行状況

続いて運行状況についてです。こちらは特にJR東日本ならではの強みを発揮します。

メリット①:最速で最新の情報が確認できる

JR東日本各列車の運行状況の発信元であるため、最速で最新の情報を把握することができます。

Yahoo!乗換案内等はそれをJR東日本から提供してもらい、発信する形になりますので、どうしても情報の取得に遅れが出ます。

 

メリット②:確認しやすい画面

関東・東北・信越エリア、新幹線などに整理されており、該当するものを選ぶと一気に表示されるという、非常に調べやすい仕組みになっています。

 

WS000240

 

 

さらに、運行状況が〇か△、×で表示されるので大変見やすくなっています。

 

 

WS000242

 

メリット➂:遅延証明書を発行できる

そして他にはない運行元のJR東日本ならではの便利な機能が、遅延証明書の発行です。

 

WS000240

 

先ほどの整理された画面の右端に遅延証明書という項目があります。

ここを押すと、遅れている電車一覧が確認でき、それに従って遅延証明書を発行することができます。

 

 

WS000243

 

遅れている列車は遅延時間が表示されるので、そこを押すと遅延証明書が見れます。

 

WS000245

 

 

電車の遅延により遅刻した際、遅延証明書を貰いそびれても、この画面を表示すれば良いわけです。

もちろんお手持ちのスマホでも表示できますし、パソコンでプリントアウトすることができます。

 

このように、運行状況を最速で把握し、それに伴って遅延証明書まで発行できるのは大変ありがたい機能です。

他ではできない、JR東日本ならではのサービスですね。

 

路線図

最後にご紹介したいのが路線図です。

こちらも、上記2つの機能を凝縮した便利なサービスです。

 

WS000247

 

関東エリア・信越エリア・東北エリアの3つに整理されており、それらから見たい地方を選択すれば路線図が閲覧できます。

また、路線図上に表示されている駅をクリックすると、上記でご紹介したような時刻表や駅情報などが閲覧できます。

 

WS000246

 

また、PDFファイルで保存できるようにもなっています。お手持ちのスマホやパソコンに保存しておけばいつでも閲覧できます。

路線図を見つつ、その駅の情報も把握できるという非常に便利なサービスです。

 

これらを使う上でのデメリット

このように、Yahoo!乗換案内などにはないJR東日本ならではの便利なサービスですが、デメリットもあります。

それは、アプリが展開されていないことです。

毎回インターネットでJR東日本のサイトにジャンプしないと見れないのはちょっと面倒ですね。。

せっかく便利なサービスですので、もっと気軽に使えるよう今後のリリースを期待したいところです。

 

まとめ

いかがでしたか?

さすがは運行元!と言えるようなサービスを提供しているんですね。

普段からJR東日本をお使いの方には、ぜひ試していただきたいサービスです。

 

ws606

 

JR東日本の公式HPはこちらから⇒http://www.jreast.co.jp/

商品一覧

商品詳細