スポンサードリンク

自分に合った求人の探し方を見つけよう

 

1f76abca38e5eb5e51e792b5e220c76b_s

 

就職や転職にあたって、求人は多く目を通しておきたいもの。

しかし、近年の急速なネット化に伴い、その探し方も多様化が進んでいます。

そのせいか「求人の探し方が分からない。」といった声を最近よく耳にします。

そこで、今日は求人の探し方をいくつかご紹介し、ご自身に合った求人の探し方を見つけるヒント

 

求人の探し方① ネットで探す

最も現代的な探し方と言えるのが、ネットでの求人検索です。

多くの求人情報に短時間でアクセスできること

時間・場所を選ばず、いつどこでも検索できること

これらは他にはない、ネット検索の大きな魅力です。

これにあたって、マイナビやリクナビなどの求人情報サイトへの登録が欠かせません。

求人情報サイトに登録することで、大量にストックされた求人情報からご自身の条件に沿ったものを検索・閲覧することができます。

就職にはアルバイト・新卒採用・転職などさまざまな側面があり、それぞれに特化したサイトがあります。

ご自身が検討されている「就職」に合わせて、登録する求人情報サイトを選びましょう。

なお、このネットでの求人検索は利便性は高いですが、その情報量は極めて膨大です。よって逆に混乱してしまうことも少なくないので、ご自身の中での「仕事選びの軸」をしっかり持ち、情報を整理していくことが求められます。

 

求人の探し方② 求人誌を参照する

駅や街頭で入手できる求人誌を参照するというのも一つの方法です。

例えばリクルートが発行するタウンワークやタウンワーク社員などがそれにあたります。

これらは配布されているエリアに沿って、求人情報が掲載されていることが多いのが特徴です。

インターネット上よりも紙面の方が見やすい方、働きたいエリアが決まっている方にはおすすめです。

ただ、求人誌はインターネットの普及と共に大幅に激減しており、今後発刊され続けるかどうかの見通しは非常に不安定なところが懸念点です。

 

求人の探し方➂ エージェント・ハローワークを使う

エージェントやハローワークのように、対人サービスを通じて求人情報に触れるという方法もあります。

前者のエージェントは主に転職者や新卒採用で使われることが多いです。DODAやIntelligenceが有名ですね。

ご自身の職務経歴や学生時代に取り組んだことを共有し、それに見合った求人情報を提案してもらうというサービスです。

膨大な求人情報をプロのエージェントと共に整理できるので、最初にご紹介したネットでの求人検索よりも道筋をはっきりさせられる点が魅力です。

一方で営利活動で運用されているサービスなので、ご自身の考えをしっかり持ち、流されないように利用することが大切です。

 

ハローワークはフリーターの方も転職者や新卒採用に加え、フリーターの方も対象とする対人サービスです。

サービス内容は、希望条件と学歴や職歴などご自身の情報を担当に伝え、それに見合った就職先を提案してもらうというものです。また、ハローワーク内で各自で求人検索を行うことも可能です。

こちらは公共職業安定所という公的機関なので、営利活動としての提案がされないという安心感があります。

一方で、大手企業などの求人は少ないので、大手志向の方にはあまり有効な選択肢ではないかもしれません。

 

まとめ

以上、代表的な3つのパターンの求人検索方法をご紹介してきました。

求人情報は数多くあるものの、それらへのアクセスの仕方が多様化してきているので、一見求人検索は難しくなっているように見えます。

ご自身の「就職」がどのようなものかはっきりさせ、どのようにアプローチしていきたいか(人に相談しながら進めるのか、自分のペースで進めるかなど)を見極め、ご自身に合った求人検索をしていただければしていただければと思います。

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧