スポンサードリンク

学生たちの就職活動に欠かせないリクナビ2018

 

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

 

人生の大きな分岐点とも言える就職。

様々なバックグラウンドと価値観を持つ学生と企業を結ぶのが就職ポータルサイトです。

その中でも、就職・転職において高い人気を博すのがリクナビ。

今日はリクナビが展開する代表的サービス、リクナビ2018をご紹介したいと思います。

 

そもそもリクナビ・リクナビ2018とは?

まずリクナビとは、リクルートが運営する新卒の学生向け就職ポータルサイトです。

そしてその後に付く2018とは、学生が卒業、就職する年度です。つまり2018年に卒業・就職する予定の、大学4年生や大学院1年生向けのサービス(会社説明会や選考会の受付など)を提供することからこの名前が付けられています。

よって、昨年はリクナビ2017でしたし、来年はおそらくリクナビ2019となるでしょう。

このように、実際に就職活動をする学生が予定通りの年度に卒業・就職できるようサポートするのがリクナビであり、それが本年度はリクナビ2018です。

 

どんなサービスがあるの?

・求人を掲載する企業の情報提供(募集要項や企業の強み、理念など)

・就職活動の進め方を指導(エントリーシートの書き方など)

・企業の個別説明会や選考会の予約受付

・インターンシップ受付

・自己分析ツール、オリジナルエントリーシート(Open ES)の提供

・各種セミナー・説明会の実施(就職活動の準備についてのセミナーや合同説明会・選考会など)


スポンサードリンク

などなど…挙げていったらキリがないほど盛りだくさんのサービスを長年にわたって提供しています。

 

その中でも、近年目立ち始めているサービスが

①インターンシップの受付

政府によって就職活動解禁の時期が後ろ倒し(大学4年生の8月に採用試験解禁)になったことから、企業のインターンシップの実施が急増。

これに伴い、インターンシップの求人を多数掲載。就職活動の解禁前から企業と学生を積極的に繋ぐという新たな役割を担っています。

②Open ESの提供

こちらもまた、存在感を大きくしているサービスです。

就職活動サポートのプロであるリクナビが独自に作成したエントリーシートで、これを予め入力しておけば大手企業を多く含む5000社以上に一斉に提出できるシステムです。

エントリーシート作成は就職活動を進めるにあたって、大きく時間を割くもの。

企業毎に書くならなおさらです。

そこで、このOpen ESを使えば大幅にその時間をカットできます。面接対策や企業研究、自己分析などにもバランスよく時間を使えるようになります。

 

リクナビの魅力と注意点

リクナビの魅力

①豊富なサービス・情報量

上述したように、リクナビの魅力はその豊富で質の高いなサービス、そして老舗の就職サポートサービスならではの広大なネットワークによって積み上げられた豊富な情報量です。

掲載していない大手企業はほとんどないといっても過言ではありません。

 

②大手にめっぽう強い

これはほとんどの学生がリクナビを登録する理由ともいえる要素です。

大手の求人は無数に掲載されており、その中でもリクナビしか掲載していなかったり、応募できない大手企業もあるほど。

大手志向の方はまさに登録必須ですね。

 

注意点

①情報の管理が大変

これはリクナビだけに言えることではないですが、メルマガでもマイページでも、とにかく多くの情報量が入ってきます。

それは企業研究だったり自己分析だったりと様々。

その膨大な情報に応募開始のお知らせや、説明会の予約開始のお知らせなどの重要な情報が紛れてしまうなんてことも…

メルマガはマイページで受信設定ができるので、必要な情報のみ受け取れるように設定したりと工夫が必要です。

 

②一部掲載していない企業も

膨大な求人数を誇るとはいえ、中小、中堅、大手に関係なく、一部求人が掲載されないケースもあります。

その際は他の就職ポータルサイトやその企業のホームページをチェックしたりする必要があります。

 

まとめ

以上、リクナビ2018についてまいりました。

このように老舗・大手ならではの、質の高いサービスは長きにわたって学生からの絶大な支持を集めています。

しっかり活用して、有意義な就職活動の実現に役立ててもらえたらと思います。

 

リクナビ2018はこちらから→https://job.rikunabi.com/2018/?isc=ps317

コメントを書く







コメント内容


商品一覧