スポンサードリンク

 

スクリーンショット 2016-11-24 3.56.14

郵政民営化以降、より親しみやすい存在となり、街中のATMの数も年々増えている”ゆうちょ銀行”。

その利便性はかなり高くなってきたといえます。

でも皆さん、このフレーズに聞き覚えはありませんか?
“ヤバい!ゆうちょのATM閉まっちゃう!”

 

 

ピンときた方、絶対にいるはずです(笑)

 

そうなんです、ゆうちょ銀行のATMは他銀行のATMと比べて、取引可能な時間が圧倒的に短いのです!

これ、フルタイムで働く社会人にとってはかなり痛いですよね。

いつでもどこでも、スマホやPCで送金や照会ができるネットバンクのようなシステムがあればなぁ・・・・・

 

 

あるんです!

その名も”ゆうちょダイレクト”

 

 

ご存知でしたか?

この手のオンライン取引はどうも苦手・・・という方もいらっしゃると思います。(実際、私もそうでした)

果たしてそれでも使うだけの価値があるのか、この”ゆうちょダイレクト”のメリット、デメリットをみていきたいと思います。

 

 

◎ゆうちょダイレクトのメリット

 

①いつでも、どこでも利用できる

忙しくて時間がない!そんな方もゆうちょダイレクトなら窓口やATMが閉まっている時間でもスマホやPCから利用できるのです。実際には23:55〜0:05はシステムのメンテナンスで利用が出来ないのですが、それでもたった10分!


スポンサードリンク

 

 

②振込手数料が窓口よりも安い!

これが最大のメリットではないでしょうか?他金融機関宛の振込の手数料は以下の通り!

また、ゆうちょ銀行宛の振込の場合は月5回まで無料!う〜ん、太っ腹!

スクリーンショット 2016-11-24 2.42.22

 

 

③ゆうちょ銀行間の送金は即時処理!

ゆうちょダイレクトで電信振替をすると、他の銀行では翌日扱いになってしまうものも、なんとその瞬間に入金されるのです。(土日・祝日も・・・!!

送金先の口座もゆうちょダイレクトの登録をしておけば、送金先の入金確認もその場で可能!

窓口では手数料114円、ATMでは3回まで手数料無料のところ、ゆうちょダイレクトでは!5回まで無料!

※電信振替・・・・・・ゆうちょ銀行同士の口座間で、口座の預かり金を即時に振り替えるシステムのこと

 

 

④強力なセキュリティ

ゆうちょダイレクトは利用者が詐欺や不正利用に巻き込まれないよう、強力なセキュリティ対策をとっています。

“トークン”とよばれる1度限りのパスワードや、不正送金対策ソフトの使用などで、なりすましやウイルス、フィッシング詐欺などあらゆる金融犯罪から守ってくれるのです!

 

 

◎ゆうちょダイレクトのデメリット

 

①通帳未記入が長期になると内訳が見れなくなってしまう

これはゆうちょ銀行のデメリットということにもなってしまうのですが、定期的に記帳をしていないと、取引した分が合算で表記されてしまうのです。折角のオンライン照会もこれではどうしようもありませんね・・・こまめな記帳を忘れずに!

ただ、未記帳分の取引があった場合には、明細がご自宅に郵送される上、過去1年以内のものは窓口で照会してもらえるので安心です。

 

 

②パスワードを忘れると面倒

まあどんなオンラインサービスを利用してても同じようなものなのですが・・・(笑)

ただ、セキュリティが厳重な分、合言葉、ログインパスワード、ダイレクト暗証番号などなど覚えておかなければならないことは意外と多い!

ログインするにも、もしかしたら面倒に感じる部分があるかもしれません。一定回数間違えるとロックがかかってしまう上に、しっかりメールアドレスを登録しておかなければ再発行に時間がかかってしまうので要注意です!

 

多少の手間をかけても、使う価値は大いにありそう!ゆうちょダイレクトのWebサイトには取引画面の体験版もあるので、是非一度お試しあれ!

 

ws606

 

 

ゆうちょダイレクトはこちら

https://direct.jp-bank.japanpost.jp/tp1web/U010101SCK.do

コメントを書く







コメント内容


商品一覧